LOGO
menu
News

Hot News
2005年11月1日
Topページのギャラリーが目眩 me_maiに更新されました。
2005年8月10日
ルーマニアのジプシーバンド、タラフ・ドゥ・ハイドゥークス公演に先駆け、写真展を開催します。
過去3回のルーマニア写真展を総合した集大成。入場無料。
期間中は会場でイメージムービーも放映予定。ジプシー音楽ファンは必見です。

アルカスSASEBO
「天下無敵のジプシーバンド!タラフ・ドゥ・ハイドゥークス公演」関連企画
〜 「ルーマニアン・ラプソディ」東ひろみ写真展 〜

■場所/アルカスSASEBO (1階ロビー、交流スクエアにて)
■開催日/2005年9月25日(日)〜30日(金)
■時間/9時〜22時 ※28日休館、最終日16時まで

アルカスSASEBOオフィシャルページ
http://www.arkas.or.jp/
※タラフ・ドゥ・ハイドゥークスの公演は11月3日(木・祝)です。

2005年8月10日
Yahoo! Internet Guide」9月号(7月29日発売)に当サイトが紹介されています。
連載コーナー「Best Web Guide」の特集“アートな写真”をご覧下さい。

2005年7月26日
Topページのギャラリーが幸せな日々に更新されました。

2004年12月17
2004年12月14日に六本木アカデミーヒルズにて開催された花王(株)est New Products Presentation、
トークショーのゲストとして東ひろみが参加いたしました。

2004年10月13日
「WPC EXPO2004デジタルフォトグランプリ」入賞。
詳細、アジア最大のデジタル総合展

2004年9月27日
Topページのギャラリーが2004写真展「ルーマニアン・ラプソディ」よりに更新されました。

2004年7月8日
写真誌『FOIL』vol.6(リトルモア)にルーマニアの写真が1カット見開きで掲載されます。
8月中旬発売です。

2004年7月1日
Topページのギャラリーが「白南風の陽」に更新されました。
2004年5月26日
Columnが追加されました。
2004年5月10日
下記の日程で写真展が行われます。

東ひろみ写真展「ルーマニアン・ラプソディ」2004年5月28日(金)〜6月2日(水)
場所:富士フォトサロン名古屋 460-0008愛知県名古屋市中区栄2-1-1 日土地ビル2F
開館時間:AM10時〜PM6時

2004年1月21日
Topページのギャラリーが「冬景色」に更新されました。
2003年12月26日
Columnが追加されました。
2003年12月1日
2004年5月名古屋展開催。詳細が決まったら改めてお知らせします。
2003年7月22日
Topページのギャラリーが「in Autumn」に更新されました。
2003年7月22日
Columnが追加されました。
2003年7月3日
Columnが追加されました。
2003年7月1日
「GALLERY」にTopページアーカイブのコーナーを追加しました。
2003年6月30日
Topページのギャラリーが「in June 2003」に更新されました。

2003年6月11日
「REPORTAGE」「Roomania 2002-2003」を追加いたしました。

2003年6月9日
「GALLERY」「Tokyo 5 days」「CARMEN」を追加いたしました。
2003年5月25日
サイトがリニューアルされました。ドメインも[azumahiromi.jp]に変わりました。これからもよろしくお願いいたします。

Publicity

2003年6月28日
[webbreators](8月号・impress刊・6/28発売) azumahiromi.jpが紹介されています!
→webcreators WEB
2003年6月24日
[EPSON Webプリワールド-ハウステンボスオリジナルコンテンツ-]に撮り下ろし写真が掲載されています!印刷してお部屋に飾るなどする事ができます!
→Epson Webプリワールド


2003年5月25日
[CHEEZ PLAZA VOL.3](隔月・メディアセレクト刊・5/25発売) PHOTOGENE LIFE(フォトジェネライフ)「写真が私を変える」に紹介されています。
→CHEEZ PLAZA WEB

Comments

サイトリニューアルオープンに当たり、東ひろみと深い関わり合いのある、ハウステンボス様のコメントを頂きました。

ハウステンボスニュース編集長:間々田正行氏からのコメント
東さんはハウステンボスニュースで5年ほど、取材記者をやっていただきましたが、その間、写真の腕もめきめき上がり、最後の方は安心して撮影を頼めるまでにスキルアップされました。また、個人的に興味をもたれたルーマニアを題材にした写真で、富士写真フイルム主催の新人賞も受賞され、彼女の写真は日本の第一線級写真家からも評価されています。今後、ますますの活躍を期待しています。

ハウステンボスニュース総監修:石田雅博氏からのコメント
ハングリー精神が旺盛で、精力的な取材活動が印象的でした。女性の身でありながら、愛用の一眼レフと脚立を持って、ハウステンボス場内を朝から晩まで駆けずり回っていた姿を思い出します。
ハウステンボス場内で開催されているカルチャースクール「ハウステンボスアカデミア」の写真教室の講師としても活躍。作品は、ポストカード(販売物)や、公式ホームページのメインビジュアル、スクリーンセーバーなどに採用されるなど、取材記者の枠を超え、写真家としても素晴らしい実力を発揮されていました。





コピーライト